資料請求カート

開く

現在、以下の学校を「資料請求カート」に登録しています。「資料請求カート」に登録できる学校は20校まで。別の学校を登録したい場合は、リストから「削除」ボタンで登録を削除して下さい。

「資料請求カート」の登録情報は、アクセスを中断すると消えてしまいます。ご注意下さい。
    ※現在登録されている大学はありません。
    ※「資料請求カート」に登録できる学校は20校までです。 資料を請求する

    大学入門講座

    大学入試を読む

    大学・短大全入時代到来が明らかに

     「大学・短大全入時代が到来する」のは、もはや時間の問題です。全入時代とは、「大学・短大の入学定員≧大学・短大志願者」になることです。つまり、大学・短大入学希望者が、進学先を考慮しなければ、全員が必ずどこかの大学・短大に入学できることを意味しています。日本中を探せば、必ず入れる大学・短大があるという意味です。

     しかし、全入のような状況は、現実には起こりえません。東大、早稲田大などの人気大学や医師になるための医学部医学科に、浪人しても進学したい受験生はたくさんいるからです。

     浪人生が生まれた分、定員が埋まらない大学・短大が出てくることになります。その割合が高い学校では、淘汰されることに結びつきます。
     こうなった大きな理由が少子化です。表1を見てください。受験生数がもっとも多かったのは92年です。その後、18歳人口は減少の一途をたどっています。

     92年当時の受験生数は、約121.5万人で、入学者数が79.6万人。受験生の3人に1人、42万人近くが、大学・短大に入学を希望しながら入学できなかったことになります。大変な激戦入試でした。

     それが15年には、受験生数が約72万人で、92年の入学者より少なくなっています。一方、入学者数は約68万人で、進学を希望しながら入学できなかった人はわずか4万人です。大学・短大に進学を希望しながら入学できなかった人は、およそ18人に1人と激減しているのです。

    以前に比べ、大学には入りやすくなっている

     受験生数減もさることながら、大学数が増えていることも全入時代到来に拍車をかけています。4年制大学は92年の523校から15年は779校へ256校、約1.5倍に増えました。新設大学だけではありません。既設の大学でも学部新設のラッシュが続き、受け皿は広がっているのです。特に4年制大学の入学者を92年と15年とで比べますと、およそ54.2万人から61.8万人に14%増えています。逆に短大入学者は減っています。この間、18歳人口は41.4%減っていますから、4年制大学への入りやすさが浮き彫りになってきています。

     このように、受験生は減り、大学入学者は増えているとなると、各大学にとって定員確保が厳しいことになります。その結果、定員割れの大学も多くなります。表2を見てください。これは日本私立学校振興・共済事業団調べのこの5年の定員割れ状況ですが、定員割れの私立大の割合は11年から15年まで39.0→45.8→40.3→45.8→43.2%と推移しています。

     11年の定員割れ校が比較的少ないのは、10年からリーマンショックによる不況が深刻化し、大学生の就職が厳しくなっているのと同じように、高校生の就職も厳しく、就職を諦めて大学などへの進学に進路を切り替えた高校生が多かったためと見られます。

     その後、高校生の就職が改善されたことで12年は定員割れ校が増えましたが、13年はまた改善されています。しかし、これは不況からではなく、18歳人口の増加によるものと見られます。14年と15年についても、18歳人口の増減により、定員割れ校の増加と減少が起こっています。

     長引く不況の影響は色濃く、大学入試の志望校の選び方にも大きな影響を与えています。その第一が大学進学にかける経費の削減です。なるべく安上がりに大学に進学してほしいと考える保護者が多いのです。その結果が国公立大人気の高いことに表れています。近年は確実に合格できる大学を目指す「安全志向」、浪人を避ける「現役志向」、自宅から大学に通う「地元志向」が高まっているのです。

     こういった志向が強まった結果、15年の入試でも難関大の志願者が減り、比較的入りやすい大学や地方の受験生にとっての地元大学への志願者が増える結果となりました。

     特に最近はセンター試験の結果で入試が動きます。16年もセンター試験には56万3768人が志願しました(表3参照)。昨年より0.8%増えており、相変わらず高い人気です。今年はセンター試験の全教科が完全に新課程に切り替わりました。昨年、先行して切り替わった数学と理科は平均点がダウンし、今年切り替わる科目の平均点が注目されていました。結果は理系科目の平均点がさらに下がった一方、文系科目の平均点がアップしました。昨年と同様、今年は国公立大で文系学部の志願者が増え、理系学部の志願者が伸びない「文高理低」になりました。一般的に、センター試験の平均点がアップすると、国公立大の志願者が増え私立大の志願者が減る傾向にあります。逆にセンター試験が難化し平均点がダウンすると、受験生は弱気になって国公立大志願者が減り、私立大志願者が増える傾向にあります。

     センター試験が難しいことは受験生全員に共通のことなのですが、どうしてもこのような状況が毎年繰り返されます。それはセンター試験から国公立大出願まであまり時間がないことが影響しているのかもしれません。今年を例にとりますと、1月16、17日にセンター試験は実施され、当日の夜、あるいは翌日の朝には回答が公表され、自己採点できます。予備校など、自己採点結果を集計しているところにその結果を送って、成績がもどってくるのは22日前後になります。これによって志望校での順位などが分かり、翌週の25日から国公立大二次試験の出願受け付けが始まります。つまり、センター試験が終わってから、1週間で出願が始まることになります。センターの成績を基にした志望校を検討する時間があまりなく、そこで焦ってしまうというのが実情ではないでしょうか。そのため、強気、弱気が毎年はっきり出てしまうと見られます。事前にこの点数なら○大学□学部、下回ったら◎大学に、などと対策を立てておけば、焦る必要はないのですが、そこまで考えが及ばない受験生も多いのではないでしょうか。

     一方、私立大の出願も例年、センター試験後に大きく増えます。センターの成績を見てから出願を考えているからだと思われます。また、私立大専願でもセンター試験を受け、うまくいけば私立大入試で実力以上の大学に合格できる例もあるようです。入試におけるセンター試験の重みは年々増しています。






    1 2 3