小学校ニュース

目黒星美学園小学校

建学の精神のもと低学年次から特色ある英語教育を展開

建学の精神のもと低学年次から特色ある英語教育を展開  目黒星美学園の設立母体であるサレジアン・シスターズは、1872年サレジオ会創立者聖ヨハネ・ボスコにより創設されました。本部はイタリア・ローマに置かれ、姉妹校は今日までに全世界94カ国、約2,400校にわたっています。  こうした教学環境を背景に、目黒星美学園小学校では創立当初から国際教育に取り組み、低学年次から英語に親しむ授業を行っています。 ◆ネイティブの教員を擁し、夏休みには英語研修も開催  目黒星美学園小学校では、国際理解を目指した英語教育を1954年の創立当初から実施しています。  授...

小野学園小学校

国際社会に対応する早期語学教育を実践

国際社会に対応する早期語学教育を実践 将来、国際社会のなかで生活していく児童にとって、コミュニケーションの手段としての語学習得は絶対条件になります。 語学習得は、知識欲旺盛で柔軟に対応のできる年齢から慣れ親しませることが大切です。 本校では国際的視野を広げる意図からも早期の英語教育を実施しています。 外国人講師による指導も取り入れ、「聞く力」と「話す力」の育成に努めています。 小野学園小学校に入学したばかりの多くの1年生にとって、本学の「英語コース」の授業は、初めて英語に触れる機会となることでしょう。この時期に、確固とした基礎を築く...

東京女学館小学校

低学年から英語に親しむ授業 高学年では海外研修も実施

低学年から英語に親しむ授業 高学年では海外研修も実施 世界という舞台に積極的に関わろうとする女性にとって、英語の能力は不可欠です。東京女学館小学校では、最先端の教育技術を駆使したカリキュラムを導入するとともに、国内と海外で英語研修を実施しています。 東京女学館小学校ではグローバル化の進む国際社会で活躍できる女性リーダーの育成を目指し、コミュニケーションの手段としての英語を身に付ける英語教育を実施しています。また、語学だけでなく、国際性を養うための体験学習を低学年から導入し、高学年では国内や海外での研修を行っています。 ●低学年: 歌やリズム遊びなど...