資料請求カート

開く

現在、以下の学校を「資料請求カート」に登録しています。「資料請求カート」に登録できる学校は20校まで。別の学校を登録したい場合は、リストから「削除」ボタンで登録を削除して下さい。

「資料請求カート」の登録情報は、アクセスを中断すると消えてしまいます。ご注意下さい。
    ※現在登録されている大学はありません。
    ※「資料請求カート」に登録できる学校は20校までです。 資料を請求する

    大学入門講座

    大学入試を読む

    不況で学費が不安でも奨学金制度充実

     大学に合格したら、当然納めなければいけないのが学費です。入学金や授業料の額も大きく様変わりしています。

     表5の学費の表を見てください。社会科学系(法学や経済学などを学ぶ系統)の初年度納入金の平均額は約124万円で、理工系は約160万円。両系統ともに30年前との比較では3倍以上値上がりしています。国立大の学費の上昇幅は、私立大以上です。この30年で5.6倍(14万6000円→81万7800円)に跳ね上がっているのです。

     その一方で、大学の奨学金制度が充実してきています。卒業後に返還義務がある貸与型はもちろん、親の所得とは無関係に入試の成績上位者や在学生の成績上位者に給付(返還義務がない)する奨学金制度が数多く設けられています。

     給付奨学金のさきがけは神奈川大。12月に行われる給費生試験に合格すれば、入学金等を除く初年度納入金を免除し、文系学部で年額100万円、理工系学部で120万円が支給されます。さらに自宅外通学者は年額60万円の生活援助金が給付されます。

     初年度納付金が平均で約775万円かかる私立大医学部。一般家庭には負担が大きい額ですが、学費を値下げする大学が相次いでいます。
     また、この不況で緊急に奨学金制度を新設したり拡充したりする大学が増えています。

     さらに最近では奨学金の予約制度も始まっています。よく言われるのは合格しないことには、奨学金制度が利用できるかどうか分からないことです。入試連動型だと、かなりの好成績をとって上位に入らないと奨学金をもらえません。そこで、合格したら利用できる予約型の制度が実施されるようになってきました。早稲田大が09年に始めた「めざせ!都の西北奨学金」は、首都圏以外の受験生1200人を対象に、年額40万円を4年間支給するもので、入試前にこの制度で奨学金を予約し合格すると支給されるというものです。このような制度は首都圏では慶應義塾大、青山学院大、立教大、法政大などでも実施されています。西日本でも愛知大、同志社大、立命館大、関西大、関西学院大など多くの大学で行われています。国立大でもお茶の水女子大や新潟大でも同様な制度を設けています。

     大学に合格しても経済的な面から進学を諦めないよう、受験を決めたら、あるいは合格したら大学に相談してみることをお勧めします。

    キャリアサポートに力を入れる就職支援

     就職活動(就活)について知っていますか。高校生が大学に入学するために受験勉強をするのと同じように、大学生は就職するための就活を行います。就職は大学入試より厳しく、100社受けて1社に採用されることなど、珍しいことではありません。人気企業になれば、7万人が応募し1000人採用など当たり前のことです。倍率は70倍にもなり、大学入試の比ではありません。そのため、大学の支援が大切になってきます。大学では早い学年から、就職するには何が必要かを考えさせるキャリアサポートの授業を行っています。

     就活は3年生の3月から始まります。企業を訪問し企業の内容の説明を受けたり、それまでに希望する企業の卒業生を訪れ話を聞いたりします。自分がどの分野で活躍したいのか、皆さんが知っているより、はるかに多くの企業があり、業績のいい企業もたくさんあります。また、公務員になりたい、教員になりたいなど、試験がある職種を目指す場合にも、対策講座を開講している大学が多いのです。例えば、青山学院大は就活に力を入れている大学として知られています。その成果は就職率に出ます。青山学院大は首都圏の難関8私立大(青山学院、早稲田、慶應義塾、上智、中央、法政、明治、立教の8大学)の中で、5年連続実就職率トップでした。大学のサポートがこういった就職率に反映されるのです。

    就職状況で人気学部も様変わり

     大学生の就職状況の回復が報道されてきています。今春、卒業を予定している大学生の昨年12月1日時点での就職内定率は80.4%で、1996年の調査開始以来、最低を記録した2010年以降5年連続で上昇し、09年並の水準に戻っています。

     これを受け、受験生たちの志望校選びも変わってきたようです。

     表7は、高校の進路指導教諭に「生徒に人気のある大学」について聞いた結果です。トップは「自分のしたい勉強ができる大学」で72.0%、次いで「社会的評価・イメージが良い大学」で65.1%、「知名度が高い大学」60.5%、「就職に有利な大学」58.9%、「資格が取得できる大学」58.0%の順でした。「資格が取得できる大学」は2012年に初めてトップに立ち、その後も3年連続で2位でしたが、今年は5位に後退しました。就職状況の好転により、ブランド志向や有名大学志向が強まっているようです。これはリーマン・ショックによる不況が到来する前の状況に戻ってきています。逆にその当時と異なるのが、国際系の躍進です。「留学制度の充実・国際交流の活発な大学」が昨年の12位から8位に躍進しています。世の中のグローバル化の動きに、受験生の関心が高まっているようです。

     この傾向は受験生の学部志望動向にも表れています。表8を見てください。

     これまで5年連続で1位だった看護が52.5%で2位に後退、代わって昨年3位だった国際系が56.8%でトップに立ちました。3位は医療技術系で40.2%、4位は工学系と、まだ就職に有利な資格系や理系人気の底堅さも感じるものの、昨年9位だった経済系が5位に、昨年23位だった法学系が11位に上昇するなど、好調な就職状況を背景にした文系人気の回復が顕著になってきています。大手予備校の入試分析担当者によれば、この傾向は来年も続きそうで、特に経済、商、経営の社会科学系の志願者が増えているようです。

    オープンキャンパスで情報収集は当たり前

     志望校の情報をどこで手に入れるかというと、最終的には大学を下見を兼ねて訪れてみてということになります。その時、活用したいのがオープンキャンパス(以下オンキャン)です。

     受験生の情報収集は、まず興味のある大学のパンフレットを手に入れる。新しいパンフレットが手に入るまでは、大学のホームページで情報を収集する、さらに興味のある大学について、オンキャンに参加する――というのが一般的です。

     そのオンキャンは、早い大学では3月から始まります。東大を初めとする国立大でも積極的に開催されています。当然、夏休みに多く実施されますが、学期中の週末、祝日に実施する大学も多くなっています。

     具体的に何をやっているのかというと、大学の全体説明、模擬授業、在校生が引率する場合もあるキャンパス案内ツアー、教員や在校生との相談会などです。

     その他にも、予備校の協力による大学入試問題の解説や予想模試の実施なども行っています。また、学生食堂で昼食をとることができる大学もあります。

     最近では、AO入試の複数回面接の第一回を、夏休みなどのオンキャン開催日に設定している大学もあります。

     願書や資料などが無料で手に入り、さらに大学独自のグッズをもらえたり、学食でランチを食べたりできる大学もあります。

     志望校選びにオープンキャンパスを上手に活用したいものです。

    1 2 3